2006年8月23日 (水)

自転車たちPart3

今回のアップは『自転車たち』シリーズの第3弾をお届けいたします。 パート1パート2をご覧になっていない方はこちらをどうぞ。

ビアンキ・アルカバーロと共にチャリ通開始、荒川、江戸川両CRデビューを果たすなど、少しずつではありますがサイクリストへの道を歩み始めたものの、ワタシはある事に憤りを感じておりました。

それは、ロードやクロスにブチ抜かれる事です。MTBってフレームの重量がありますし、ホイールも小さめですから、やっぱりスピードは落ちるんですよね。えっ?一番の問題はエンジンがしょぼいからですって?イマイチ言ってる事が理解出来ませんねwww

タイヤをブロックからスリックに替えてみたり、細くしてみたり、バーエンドを付けてみたりしたものの、所詮MTBはMTBなんです。もうね、重度の”ほすぃーほすぃー病”患者になってしまった訳ですよ。

でも、ここで前回のように2ヵ月位で買っちゃったら、ワタシが堪え性のないバカだってバレちゃうじゃないですか?なんで、バカってバレないように4ヶ月後の6月に買いました。テヘッ! ← "バカの壁"を軽く飛び越えた瞬間

誰か、ワタシを叱って下さい。。。

遂に、真打登場です。

Cimg0050_1

アップ画像がなかった。。。

『via NIRONE 7 Alu/Carbon Veloce 10s』です。

ビアンキなのに黒とシルバーがメインカラーってのが通好みって感じですよね。また、サドルのチェレステがアクセントになっていていいじゃあーりませんか。このセンスのないバーテープもイキだね。 ← ほっとけ

ちなみに、ビアンキ君には色々と、おめかしをして上げております。

・サドル:フィジーク・Pave → フィジーク・アリオネ

・シートポスト:Bianchi Componenti 27.2mm → ITM・カーボン

・クランクセット:カンパ・ベローチェ → スギノ・コスペア

・BB:カンパ・ベローチェ → シマノのオクタリンク(型番忘れました)

・ホイール:アンブロシオ・?ホイール → MAVIC・キシリウムエキップ(凹み済み)

サイコン代なんかを加えると、おめかし代だけで10万近く掛かっとりますな、恐ろしい。

最近はすっかり持病の"ほすぃーほすぃー病"も鳴りを潜めておりまして、平穏な自転車ライフをエンジョイしております。

とは言うものの、頭の片隅では、『RFX8ほしいな~、ONIXのアバンギャルドさもいいよね、でもやっぱLOOK565かな』と言う悪魔と、『そんなお金どこにあるんだ、もっとやる事あるだろ』と言う天使が、激戦を繰り広げてはいますけどねwww

総括してみると、7ヶ月間の間に3台も自転車を買ってるんですね。自分のバカさ加減に心底感服しますよ。自分を誉めてあげたい。 ← 少しは反省しろ

自転車購入を検討中のそこのあなた、よ~く考えてから購入なさいませ。

パート4へ続く?。。。

|

2006年8月 3日 (木)

自転車たちPart2

今日のアップは『自転車たち』シリーズの第2弾をお届けいたします。 パート1をご覧になってない方はこちらをどうぞ。

ヘリオス購入以来、完全に自転車の虜になってしまったワタシはバカのひとつ覚えのように、ほぼ毎日自転車を乗り回しておりました。

ところがですね、乗り続けているうちに小径車って限界があるなって思い始めちゃったんです。なんかね、車道を颯爽と走るロードバイクやクロスバイクを見ていると、小径車で必死こいてる自分が段々滑稽に思えてきたんですよね。 ← 別に小径者海苔の方が滑稽ってことじゃないですよ

そんな思いが心の奥で渦巻いていたある日、ワタシの知人が『オレもチャリ買っちゃおうかな』なんていい始めたのです。それも小径車ではなく、フラットバーロードを。ずるいでしょ、人が悩んでる時に、そういう事言うんですよ。

で、その知人は昔からロードレースを見ていたらしく、『どうせなら、ビアンキがいい』という事でビアンキバイクをよく探していたんです。何回かカタログも見せてもらいましたっけね。そんな状況の中、人の影響を受け易いワタシが何事もないハズがありません。すっかりビアンキにハートマークになってしまいました。ビアンキというよりむしろチェレステにフォーリンラブです。 ← 我ながらミーハーだなwww

それまでは、『ビアンチってそんなにすごいんですか?』(今でもコルナゴの事をコルナガって言ったりします)とか、『この黄色いハゲのおっさん誰ですか?』(パンターニのこと)とか真顔で言ってたんですけどねwww

欲しいと思ったら、居ても経っても居られなくなってしまうのが、わたくし鉈でココの真骨頂。2月末に買っちゃいました。ヘリオスを購入してから、僅か2ヶ月というスピードでした。

Bianchi1

ビアンキのAL Cavallo(2005)です。チェレステがキュートですねwww

そういえば、ワタシがこの子に乗っていた所をたまたま目にした友人が、こんな事言ってました。『ココちゃんの自転車ってさあ、ガンダムのザクっぽいよね。』

ったく、これだから素人は。。。その場で引っ叩いてやろうかと思いましたが、大人なワタシは一息ついてこう言ってやりましたよ。

『ザクとは違うのだよ!ザクとはっ!!』ってね。

たぶん、その友人は今でもワタシの事を”ハムの人”ならぬ”ザクの人”とか呼んでるに違いない。。。

たしか自転車通勤は、この子がメインバイクになってから始めたんだっけな。

初めて、荒サイ走ったのもこの子だったっけ。。。調子こいて、秋ヶ瀬まで行っちゃって帰りハンガーノック状態になったっけなあ~。山岳ジャージルックのビアンキ海苔がワタシの事を気の毒そうな目で見ていたのが未だに目に焼き付いております。

今現在、この子は短い選手生命を終え(笑)、ベランダで放置プレーされて指導者への道を目指しております。。。

しかしあれだな、未だにMTBを購入した理由わからん。なぜ、素直にロード買わなかったんだろう?

パート3へ続く。。。

 

※ ただいま、この子の里親を募集中です。大事に乗ってくれる方キボンヌ

|

2006年7月12日 (水)

自転車たちPart1

Cimg0236

今回は、ワタシの初代スポーツバイクであるDAHON『Helious8』について、アップしようと思います。

この子購入したのは、2004年12月頃だったと思います、そん時はまさかここまで自転車にハマるとは思いもしませんでした。ワタシの退屈な生活に自転車というアクセントを加えてくれたのだと思うと、なんだか感慨深いものがあります。 ← 大げさ

そもそも、この子を購入するキッカケは知人と御徒町のCLASSICに行った事でした。その知人は11月頃にDAHONの折り畳み自転車を購入するや否や、どっぷりハマってしまい、ワタシに『チャリいいよ~、YOUも買っちゃいなよ。』などと囁いていたのです。

その頃のワタシは、チャリンコなんぞにはまったく興味はなく、知人の囁きにもまったく耳を貸しませんでした。そんなある日、チャリパーツを見に行くから付き合ってくれと言われ、しぶしぶCLASSICに行ったんです。

CLASSICに行かれた事のある人は知ってると思いますが、あそこってお店入るとズラーっと折り畳み自転車が置いてありますよね。でね、それを見たワタシは『なんか、カワイイ&カッコイイじゃん!』と思ってしまったわけですよ。

街中で見かける子汚い折り畳み自転車をイメージしていたワタシにはちょっとしたカルチャーショックでしたね。

当時、ワタシのおサイフが残業代バブルの真っ只中だったこともあり、CLASSICに行ってから一週間位で、ネットで購入してしまいました。 ← ちょっとは考えて買い物しろ

初めて乗った時は、やはりその軽さとスピード感に感動させられました。

それからというもの、仕事がどんなに遅くなろうと、帰ってからクソ寒い中毎日のように乗ってましたっけ。たしか、お台場にこの子で初めて行った時は『大冒険』的なテンションだったなwww

う~ん、ワタシってウブでかわいいヤツですねwww

今現在、この子はワタシのお散歩専用車として、第2の人生ならぬ輪生を送っております。

パート2へ続く。。。

|